迅速なコウモリ駆除と鳩駆除~被害を最小限にする~

蜂の巣と女性

住み着くことで考えられる被害

コウモリ・鳩が住み着いてしまうと起こる被害

悪臭が漂う
コウモリ駆除や鳩駆除が遅れると、糞害が拡大する恐れがあります。コウモリや鳩の糞は量が多く、さらに臭いが強いため、他の仲間を呼び寄せる恐れもあります。この臭いは簡単には取れないため、消毒作業が必要になります。
ダニが発生する
目に見えない小さなダニが、コウモリや鳩を媒介して人間に襲い掛かる可能性があります。特にコウモリには必ずといっていい程ダニが寄生しているため、コウモリ駆除が遅れた場合は刺されたり、アレルギー発作が起こるリスクが高まります。
菌が繁殖する
コウモリの糞には大量のカビ菌が存在しています。さらに、鳩にはクリプトコッカスという髄膜炎を引き起こす菌がいるので、鳩駆除、コウモリ駆除ともに迅速に行なう必要があります。これらの菌は見えないところで人間に害を及ぼします。
騒音
コウモリ、鳩は自由に空を飛べる羽が付いていますが、この羽音というのは室内で意外と響くものです。特に夜行性であるコウモリだと夜に音を出すため、睡眠不足になったり、不安感などから精神的な病気になったりする恐れがあります。

物音や糞被害などで困っていても勝手に駆除してはいけない

自分で駆除してはいけない

コウモリ駆除や鳩駆除を個人で行なうことは、法律上禁止されています。実は、コウモリは蛾やゴキブリのような害虫を餌としているため、鳥獣保護法で守られているのです。同様に、鳥獣保護法では勝手な鳩駆除も禁止しているのですが、駆除だけではなく衰弱するほどの威嚇行為、直接傷つけるといった行為も禁じています。そのため、自宅で羽音がしてもむやみに追い出そうとせず、まずは落ち着いて鳩駆除やコウモリ駆除業者に連絡しましょう。

TOPボタン