コウモリ駆除と鳩駆除後の対策~再発を抑える方法~

蜂の巣と女性

鳩が嫌う環境を作ろう~鳴き声などの音がなくなる~

住みつかないようにする

鳩駆除を依頼した後は、被害を再発させないような対策が必要です。そのためにはまず、鳩が嫌うような環境を整えると良いでしょう。植木鉢など死角が出来る場所を撤去する、ベランダなど鳩が寄ってきそうな場所を常に清掃して人の気配を残しておくだけでも効果的です。また、鳩が飛来した時にエサを与えないようすることも重要です。

テグスを張るのも効果的

鳩がベランダに飛来する場合、テグスを張るといった対策が有効です。釣り用のテグスに台所用フック、接着剤、糸を用意し、ベランダの手すりに貼り付けるだけで完了する簡易的な対策ですが、鳩のベランダへの侵入を食い止められます。この時、飛来した鳩の首から胸に糸が触れるように設置すると鳩対策としての効果が倍増します。

コウモリ駆除を行なった後は対策をしておこう

コウモリ駆除の後には再発予防しておこう

家から追い出した際は、しっかり対策しないといけないんですか?
コウモリ駆除は、「追い出し」と「侵入防止」が基本です。そのため、一度コウモリ駆除をした後はしっかりと再発防止策を考える必要があります。そのため、忌避剤や超音波によってコウモリ駆除をした後は、コウモリが残っていないかをしっかり確認し、再侵入を防ぐための対策を行ないます。具体的には、コウモリ駆除後に糞を丁寧に清掃し、侵入口を塞ぎます。さらに、忌避剤を撒いておき、コウモリが二度と寄り付かなくなるような環境を整えていきます。
コウモリ

コウモリによる被害が発生したら、迅速にコウモリ駆除を行なうことが重要ですが、その後の対策を疎かにすると再び被害に遭う恐れがあります。そのため、コウモリ駆除をした後は再発防止策をしっかり行ないましょう。

TOPボタン